年間予定走行距離で得をする! その1

年間予定走行距離で得をする! その1

見積りをする際に、
かならず記入しないといけないのが、
年間予想走行距離です。

 

この年間予想距離の考え方は、
○通勤でも使っている人は、
   通勤距離 × 月の出勤日 × 12ヶ月 + プライベート利用 + α
○プライベートのみで使っている人
   1週間の走行距離 × 4週間 × 12ヶ月 + α
で大体算出できます。

 

 

保険の予想走行距離の区分としては、
 ・5,000Km未満
 ・5,000Km以上〜10,000Km未満
 ・10,000Km以上〜15,000Km未満
 ・15,000Km以上〜20,000Km未満

となっています。

 

この走行区分で保険料に大きな差が出てきます。
下記は私が実際に保険会社の見積りサイトで
確認したデータです。

 

見積り条件は同じで、違いは走行距離だけ!

 

A社とT社の各社で
『5,000Km未満』『5,000Km以上〜10,000Km未満』
見積りをした時の差額は以下の通りでした。

  A社:  3,690円の差額
  T社:  1,430円の差額

 

ご覧の通り、走行距離だけで、
これだけの金額の違いがあるんです!!
結構、大きいですね。

 

例えば、契約時に念のため多めに
走行距離を見積もって年間10,000kmで
契約してたとしましょう。
実際の走行距離が5,000km未満だたとしても、
残念ですが差額は返金されません・・・・。

 

A社と契約していたら、3,690円損したことになります。

 

では、希望の保障を確保して
且つ、安く保険料をあげるには・・・・・!

 

ご心配なく!
ちゃんと、契約テクニックがあります!

 

それは・・・・・
ぎりぎりの予想走行距離で契約

 

えっ!! っと思うでしょうか
これが実は理にかなっているんです。

 

因みに、この「ぎりぎり」とは「年間予想距離の考え方」の計算方法でいうと、
『+ α』の部分です。
この『+ α』は変動する部分なので、
契約時点では正直いってまったく分かりません。

 

その全く分からない部分に保険を掛けるのは、
勿体無い!!!

 

というか、ムダです。

 

 

もし、ぎりぎりの予想走行距離を越えそうになったら、
どうすればいいか!

 

それは、
「自動車保険契約日の数日後が誕生の方へ・・・「あなた、損してるわよ!」
でも説明しましたが、

 

『契約更新』です。

 

 

予想走行距離になりそうなときには、
保険会社に連絡をして契約変更をすればいいのです!

 

実際、私も年間走行距離を越えそう(超えた?!)ので
保険会社に連絡したら、追加料金を払って契約を変更しました。

 

今回私の場合は、最初「5,000km未満」で契約していて、
余裕で5,000kmを超えてしまいました。
契約を「5,000Km以上〜10,000Km未満 」に変更して
追加料1600円を払いました。

 

因みに、初めから「5,000Km以上〜10,000Km未満 」で契約していた場合と
比べて約1200円程度安く出来たことになります。

 

 

ここで、注意して欲しいのは変更する時期です。

 

契約後半年程度で私の様に契約変更すると、
1600円より高くなると思います。
私の場合は契約終了の3ヶ月前に予定走行距離を越えた為、
1600円で済んだのだと思います。

 

保険会社の窓口の方もいっていました。

 

「年間予想走行距離はあくまで予想なので・・・・」

 

その予想に多めに払っておくのは勿体無いですよね。

 

契約時は、

 

ぎりぎりの予想走行距離で契約!

 

することをお勧めします!

 

 

※あくまで、自動車保険の契約時の参考としてみてください♪

 

次回はこの情報よりもっとお得な情報を
お教えします〜 ^^

関連ページ

自動車保険契約日の数日後が誕生の方へ・・・「あなた、損してるわよ!」
誕生日前に自動車保険契約をする人が知っておきたい事
別居中の子供が車の運転をする時は補償されるの?
契約中の自動車保険で別居中の子供が車の運転をした際、補償されるのか? されない場合の対処方法を紹介
年間予定走行距離で得をする! その2【実体験】
契約時に走行距離はメモしておくとお得になるのか

 
トップ キャンペーン 見積サイト比較 見積もりシミュレーション