自動車保険の必要性

自動車保険の必要とは

自動車保険の必要なわけ。

 

それは、自動車による事故が起こった際に、被害者、加害者、両者共に大きな痛手を負ってしまうからです。

 

例えば、自動車事故の加害者になったとき、
必ず自分の車に被害があります。
その事故が"人"相手だと、相手に対し保障をしなければ成りません。

 

逆に被害者になってしまった場合、相手が保障に必要な十分な保険に
入っていなかった時、治療や修理費を自分で捻出しないといけない状況に
なってしまいます。

 

そんな時、頼りになるのが自動車保険です。

 

自動車保険には『自賠責保険』と『任意保険』の2種類があります。

 

 

  •  自賠責保険 : 自動車を購入時に強制的に加入する保険、
  •  任意保険   : 自動車を購入した人が、個人の判断で加入する保険です。

 

次で『自賠責保険』について詳しく紹介します。

 


 
トップ キャンペーン 見積サイト比較 見積もりシミュレーション