自賠責保険とは

自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険(=自賠責保険)の略称。

 

公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、
一般に「強制保険」や「自賠責保険」と呼ばれています。

 

交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、
被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

 

■自賠責保険の補償範囲
 自動車の運行によって他人を死傷させた場合の
 人身事故による損害について支払われる保険です。

 

 よって、自分が怪我を死亡しても、補償されません。
 もちろん、物損事故は対象外です。

 

■支払限度額
 ●死亡事故
  ・死亡時
    ⇒3000万円
  ・死亡に至るまでの傷害
    ⇒120万円

 

 ●傷害事故
  ・傷害による損害
    ⇒120万円
  ・後遺障害による損害
    ⇒介護を要する後遺障害 4000(3000)万円
    ⇒その他の後遺障害 3000万円[第1級]〜75万円[第14級]

 

 

以上のように、保障される金額は決まっています。

 

自動車事故をおこして、上記の金額で足りるようなら、
自賠責保険のみの加入で問題ありません。

 

しかし、昨今の自動車事故では自賠責保険の限度額を超える
請求が殆どです。

 

さらに、自賠責保険は人身保障が目的である為、
物損事故では一銭も支払われません。

 

ようするに加害者、被害者になった場合、自賠責保険だけでは
十分な補償が望めないということです。

 

そこで、必要になってくるのが、任意保険になってくるのです。

 


 
トップ キャンペーン 見積サイト比較 見積もりシミュレーション