人身傷害補償保険

人身傷害補償保険

 

従来のSAPでは事故を起こしたときには保険会社が示談交渉サービスを行ってくれますが、
100%相手側に過失があるような事故の被害者となったときには自分で加害者に対して
損害賠償の請求をしなければなりません。
これに対して、この人身傷害補償保険では、契約者が被害者になった場合にも
保険会社があらかじめ設定した補償額を限度に、100%過失分も含め、補償してくれます。

 

具体的には、加入者の人身事故はまず自分の保険から損害の全額が支払われることになります。
加害者に対する損害賠償請求権を保険会社が取得し、被害者に代わって加害者と交渉を行うわけです。
従来のSAPなどでは、被害者になった場合でも被害者の過失分が相殺されて保険金受取額は少なくなりますが、この保険では損害の全額が支払われるというメリットもあります。
最大手の東京海上火災保険がTAP(家庭用)としてこの人身傷害補償保険を組み込んだ自動車保険を発売して話題になり、その後多くの保険会社が同様の保険を取扱うようになっています。

 

関連ページ

対人賠償保険
対人賠償保険とは
対物賠償保険
対物賠償保険とは
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは
自損事故保険
自損事故保険とは
車両保険
車両保険とは
SAP
SAPとは
BAP
BAPとは
PAP
PAPとは
無保険車傷害保険
無保険車傷害保険とは

トップ キャンペーン 見積サイト比較 見積もりシミュレーション